□  2017.11 □  10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
プロフィール

さこん

Author:さこん
石垣島のゴーヤカンパニー所属。千葉ロッテのファン。ネコのpomを飼う。アメリカンオールディーズを愛す。農道ライダー。
The crazy driver 石垣ミニ rolling special!

mixi→さこんマン
twitter→さこんマン / sakonman

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
おんなごころと、
秋の空。


仕事終わって、2階から3階の階段にて。


ほんのひとときだけの色合い。
さっきまで、、、スーパーの駐車場から見たときは、まだ赤くなかった。



スポンサーサイト
2009.10.02(Fri)  未分類COMMENT(5)TRACKBACK(0)TOP
コメント

例え

「女心」とって言うけども。
それってズルイよなーって思ってしまう。
「男心」も大概、、、移り気なもんよー?
なんてね。
FU~ 2009.10.02(金) 22:52 URL [編集]


男は女を女は男をお互い秋の空を掛詞に使ってますがどちらもありでいいんではないですか。お互い様でどちらも苦い思いあり?
ロッテきち 2009.10.03(土) 10:23 URL [編集]


なるほど、お二人様、いろいろ解釈もあり、立場もあり、経験も思いもあるんですね。

と言う自分もそうですけどね。
こういう話は盛り上がりそうですね。
さこん 2009.10.03(土) 21:51 URL [編集]


江戸時代までは『男心と~』だっらしいから、どっちもどっち、てことですね。

海のような空ですね。
落ちて来そう。
はしも 2009.10.04(日) 09:42 URL [編集]


うん、そう。

気候のせいでしょうか?雲が低いときがあるよ。

空の青も海を覗き込んだような、深みをかんじるよ。
さこん 2009.10.06(火) 00:50 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。